いぬがおさんに憧れて

SexyZoneのヲタクのただの感想文。

セクゾ担として登校した初めてのワクワク学校。

 

私は2017.7.8 嵐のワクワク学校に登校させていただきました!

 

1週間経っちゃったんですが、これはセクゾ担として入ったヲタクのちょっとした感想。

(レポとかじゃないです!メモ取れないんです。今回ノート書いてた一行、見切れて映る風磨可愛い。だけだったんで…)

本当に一感想なので…。そこのところご理解を…。

 

前置きとして…私、みんと。がジャニヲタになったきっかけは嵐さんなんです。2009年春頃。初国立のコンサートDVDのCMを見た瞬間でした。その瞬間、とりはだがぶわってたったのを今でも覚えています。その前から気になってたかっこいいお兄さんたちはキラキラアイドルへと自分の中で変わっていきました。

それからSexyZoneを好きになり、掛け持ち期間を経て、今はSexyZoneの担当としてヲタクやってます。

今でも嵐さんは大好きですが、嵐担ですなんて言えるほど追っかけられてないし、そんなこと言うのはお恐れ多いのでSexyZoneのヲタクとして生きております。(いつかこのこともまとめられたらいいな…。)

 

 

そんなSexyZoneヲタクが嵐のワクワク学校に登校させていただいたお話。

 

 

ワクワク学校の助手がセクゾちゃんに決まった!!というお話を聞いた瞬間行かなきゃ!!って思いました。

 

自分の好きな人たちが一緒にイベントなんてこの先あるか分からないし、行かなかったら絶対後悔するし、行かないとか絶対にあり得ない!!!SexyZoneのヲタクとして生きると決めた矢先のお知らせってことはだよ、これは私にとって卒業式であり入学式だ!だから行かなきゃ!!

 

…そんな意気込みで申し込みました。ありがたいことに東京公演が当たり、無事に入れることとなりました。

 

迎えた7月8日当日。私は妙に緊張しておりました。

STAGEコン以来にセクゾちゃんに会うっていうのはもちろんですが…

それ以上にSexyZoneの担当として嵐さんのイベントに参加するってことが、侍が敵陣に乗り込むレベルで緊張するんですよ!!(私だけかもしれませんが…)

浮いてない?大丈夫か?え、これは私が入っていいの?と申し込んだときとは別人のように怯えてました。私は関西住みなので、東京ドームに入るのも初だったというのも緊張した1つかもしれません。(ホームじゃないんだもん…。京セラ、城ホ、恋しい…。)

 

そんな私のお席は外野席!

私は結構ギリギリに入ったので周りはほとんど座ってらっしゃいました。開演も近く、周りを見ている暇もなく急いで座って荷物の整理とか諸々してたんですが、落ち着いてくるとだんだん周りって見えてくるものですね。

横は相葉担かー。友達の横は大野担かー。前は潤くんの担当かなー?

 

 

………。

 

 

やっと気づきました。

 

 

 

 

 

我〉〉やっぱり嵐担多いーー!!!(当たり前や)

 

 

 

 

 

そんなこと分かってたはずなのにいざ実感すると私ここいていいんですか?ってなりました。

かなりビビってましたし、緊張は最高潮に…。

  そんな中での心の支えは何列か前の席にいらっしゃった健人担の後ろ姿。(ちょっと安心したよほんとに…。) 

 

そして、17時。イベントは始まりました。

嵐さん一人一人画面に出る度に大きな歓声。しばらく城ホしか行ってなかったので久々の大人数の歓声にびっくりしつつ、こんな大きい歓声をつくる嵐さんってやっぱすごいなって実感。

嵐さん5人が登場した後、嵐さんに呼ばれて出てきたセクゾちゃんたち…。

 

 

 

 

我〉〉うちの子出てきたーーー!!←

 

 

 

 

もうね、参観日のお母さん的な感情ですよ。本当に。

初っ端から障害物競争するうちの子たち。シーンってなることもなくちゃんと歓声もあってそこでだいぶ安心しました。

自担の方が年上ですが、本当に息子の運動見にきてる気分。

 

 

障害物競争するってなると意外とキャラクター出るし、どんな子たちか分かってもらう導入としてはとってもいいなぁって思ったと共に、それを考えてくださった嵐さんってやっぱりすごいなって思いました。

 

 

初めてセクゾ担として授業を見てて思ったこととしては

 

 

本当に嵐さん優しい。

 

 

 これに尽きる。

 

 

セクゾちゃんたちは少なからず緊張していたはず。(いつもよりおとなしいんですもん笑)そんな彼らに嵐さんは話せるように話を振ってくださったり、発言したことはちゃんと拾ってくれる。

 

 

優しい。優しすぎる…。

本当に感謝しかなかったし、心中でありがとございますって繰り返しました。

 

セクゾちゃん達はというと…

緊張してるのか圧倒されてるのか…ちょっとばかしおとなしい感じで、でも助手としてお仕事はしっかりこなしてました。

(ここからかなりの親バカみたいな感じになりますが)セクゾちゃん達一人一人思ったことを軽く書かせてもらうと…

 

健人さんはいつもと変わらず健人さん節を発揮してました。お客さんを沸かしてるとこもあって流石だなぁという印象。にのちゃんとの絡みは最高だった…自担と自担の絡み…最高…。

 

風磨くんは自分の役割をしっかりこなしてました。セクゾちゃん達でベンチリーチに挑戦する場面ではしっかり盛り上げようと頑張ってるなという印象。風磨くんのおかげでセクゾちゃんのわちゃわちゃを見れたなぁ〜という感じ。

 

勝利くんは周りをちゃんと見れてると感じました。翔くんの助手としてしっかりお仕事をこなしてました。吉田沙保里さんから忘れずにアイマスク回収するだろうか?とちょっとばかし心配したけど、ちゃんと受け取ってて安心した。(同い年だけど、1番心配になるの勝利くんなのでそれだけでも安心しました。笑)

 

そうちゃんは1番緊張してた感じだけど、質問されたことにちゃんと自分の意見で返してました。障害物の跳び箱ではちょんって上に乗っちゃったり、ベンチリーチでは良いとこまで行くけどべちゃっと手をついて失格になったり…。ヲタクとして見てて可愛い…ってなるポイントが多かったかな。さすが沼。

 

マリちゃんは自分から発言してることも多くて感心!潤くんに 頑張ってください〜!って言ったり…大きなことを言ってるわけではないけどさらっとそういうことが言えちゃうのがマリちゃんの強みだな〜と思いました!!

 

そんな一生懸命助手として頑張るセクゾちゃん達と優しくて温かい嵐さんを見ている中で、最初の緊張は徐々にとれていき、後半は純粋にワクワク学校を楽しめてました。

 

なんせ嵐さんの授業はとてもためになるし飽きない!何年もやっていたらマンネリ化しちゃうはずなのに…面白い。それもセクゾ担が楽しめた理由じゃないかなと思います。

 

そしてそして、完全に緊張がとれてリラックスして聞いていたであろう大野先生の授業。嵐さんのライブ映像を見た後のことです。すでに映像を見て涙していたわたしですが、マリちゃんが

嵐さんみたいになりたい

って言ったことで追うように涙がでそうになりました。なんとか我慢して迎えた最後のまとめで事件は起こりました。

翔くんにどうだった?と聞かれた勝利くんが

 

嵐さんみたいに大きな存在にSexyZoneもなっていけたらいいなと思います

 

 

という言葉を放ったんですよ。

 

その瞬間に涙腺崩壊。涙が溢れました。

 

今回SexyZoneとSexyZone担が参加させてもらえた意味がなんかわかった気がした瞬間でした。

SexyZoneもヲタクも大きくなるってこういうことだということを学び、グループとしての向上心がさらに高まったのではないかなと思います。そして、大きな会場でのグループとしての対応とそれに見合ったファンとしての対応。というのもちょっとわかったんじゃないだろうかと思います。

 

少なくとも私はとっても大きな会場東京ドームという場所で嵐さんと嵐ファンのパワーを感じて、セクゾちゃん達もここでイベントやコンサートができるような大きい存在になってくれたらいいなと強く思いました。

 

セクゾ担として入ったワクワク学校は授業の内容だけでなく、大きいグループになるための大きなことを学べたんではないかなと思います。

 

ワクワク学校。東京ドームまで行って本当に良かった。

 

常に優しかった嵐さん、そしてSexyZoneが何かした時にも湧いてくださった優しい嵐担の皆様。

 

おじゃましました!とても勉強になりました!

 

最後は健人さんのお言葉をお借りして…STY!!!!